amiiro
きれいな青空の下で笑顔で歩いてみよう
つらいことや悲しいことがあって泣くときがあっても
一日の最後にはきっと笑えるように・・・
たくさんの笑顔に「ありがとう」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
小さなピアニスト

娘っちは3回目、ちびくんは初めてのピアノの発表会。

会場はとても素敵なところ  Kingswell  でした。
クリスマスイルミネーションもとてもきれいで、
ちょっぴり得した気分。

二人とも最後まで堂々と弾けたので安心しました。
弾いている本人よりも私のほうが緊張してしまい、
とっても疲れましたが…

一番緊張していたのはきっと彼でしょうね。
2年前は、二人がぽにょを歌ったのでその伴奏。
今年は、娘っちと連弾。
それに…なんと!!今年は彼もソロを弾きました。
ソロで弾くのはどれくらいぶりなんでしょうかね…
人前で彼がピアノを弾くのは私たちの結婚式以来なので、
10年以上は弾いていないはず。

こんなにも心臓って音がするんだ〜って思うほど、
私のほうがドキドキしてしまいました。

毎回コンサートが終わると私もまたピアノ弾きたいな〜って
思います。

小さな宝物 / comments(0) / -
がんばったね

3年生の中で、ただ一人の一年生。
肩までしかない小さな体で、
はじめての100メートル。
ぶっつけ本番の一番バッター。

最後まであきらめないで、
バトンを渡したね。

がんばったちびクンは今日のヒーローだね。

小さな宝物 / comments(0) / -
小さなちいさなものがたり

ある日ちびくんにお友達ができました。




小さくてふわふわで、とってもかわいいこの子に
ちびくんは「チョコ」と名前をつけました。



数日後、ちびくんはチョコの大きさを測り始めました。



しばらくすると机の上にこんなものが…




突然ぬいぐるみに興味をもったちびくんでした。

小さな宝物 / comments(0) / -
新しいはじまり

とっても暖かかった昨日は、チビくんの入学式でした。
まだまだ小さくって、可愛い男の子だと思っていたのに、
あっという間に小学生。
真新しいランドセルに、筆箱、帽子…
「ピカピカの一年生」
これからスタートする学校生活。
たくさん経験して、学んで、色々考えて
どんどん大きくなっていくんだね。

今日の朝、あっという間にひとりになってしまった瞬間、
とっても寂しかったです。

仕事を辞めて、一年。
娘っちがでかけてから、幼稚園に行くまで一時間くらいの間の
チビくんとの時間はもうないんだな〜。

早く私が慣れないとね。

さくら

小さな宝物 / comments(0) / -
思いがけないプレゼント

1年前の今頃、仕事を辞め途方にくれていたあの頃の私。
毎日がむなしくて、悲しくて、どうしていいのかわからずにいた。
自分で決めたことなのに、仕事を辞めたことを後悔していた日々。
ずっとずっとその想いから前に進めずに過ごしていた。
気持ちを切り替えることができたのは、ほんの3か月前。
まだ完全に切り替わっていないとこもあるけどね。

仕事を辞めて一番変わったこと。
それは子供に「おかえり」と言えるようになったこと。
働いている頃はいつも私が「ただいま」で
子供たちが「ママ、おかえり」だったよね。
今はチビくんの幼稚園のお迎えにも行っている。
毎日のほんの数分の会話が楽しかったりもする。

今日はチビくんの幼稚園最後のお弁当。
チビくんの幼稚園は1日がお弁当の日。
1年で数回しかないこのお弁当の日も今日が最後。
チビくんのリクエストのようなキャラ弁は全然作れないけど、
好きなものをたくさんいれてみた。
帰ってきてお弁当の包みをあけたら…

手紙

こんな可愛らしいお手紙が入ってました。
覚えたてのひらがなで一生懸命書いてくれてたお手紙。
大切な宝物です。

小さな宝物 / comments(0) / -
これってどこだろう?

我が家でも連日のオリンピック観戦の日々。
毎日見ていると、本当に色々な競技があっておもしろい。
ルールがわからなくてもそれなりに楽しめる。

そんな中、我が家の二人は国旗に興味をもったみたい。
突然、国旗あてゲームをはじめたものの…
いざ書いてみるとよくわからないようで、
デスクマットの世界地図に国旗がのっていたことを思い出し、
それを参考に書き始めました。

子供たちよりもわからなかった、自分にちょっとショック。

小さな宝物 / comments(0) / -
いらっしゃいませ♪

チビくんが6歳になりました。
今年のお誕生日はちょうど日曜日。
おじいちゃんやおばあちゃんを招待してお誕生日会をすることになりました。

お料理が好きなチビくんは、お寿司屋さんを開くことにしました。
お寿司屋さんのメニューを書き、チケットを作り…
娘っちと二人でお寿司屋さんのレイアウトを考えていよいよOPEN。
ねじりはちまきに、エプロンをして準備万端。
あとはお客様を待つばかりです。

お客さんからは次々と注文が入り、大忙しのお寿司屋さん。
親の心配など無用で、初めてなのにとっても器用にお寿司をにぎっていました。
小さな手で作るお寿司は、どこか本格的。
たまごを握るときには、「ママ〜のりを用意して!」
なんて催促までされてしまいました。
予想以上の大盛況で、途中でシャリがなくなってしまって、ごめんね。

次回はいつ開店するのか、ちょっぴり楽しみです。

小さな宝物 / comments(0) / -
わくわくドキドキの一日

今日は子供たちにとって楽しみな日。
朝からそわそわしているね。




続きを読む >>
小さな宝物 / comments(0) / -
あと少しあとすこし

12月にはいると楽しみにしていることがある。
それは・・・クリスマス






続きを読む >>
小さな宝物 / comments(0) / -
すうじの感覚

チビくんは最近数字が大好き。
足し算引き算を覚えたいようで、がんばっている最中。

続きを読む >>
小さな宝物 / - / -