amiiro
きれいな青空の下で笑顔で歩いてみよう
つらいことや悲しいことがあって泣くときがあっても
一日の最後にはきっと笑えるように・・・
たくさんの笑顔に「ありがとう」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
肌寒い朝

毎朝、7時35分に子供たちを送って行くために家をでる。
娘っちが1年生になってからずっと続いている朝の光景。

私が働いている頃は、この時間までに
洗濯を干し、朝食、彼のお弁当(たまに自分のも)、
自分の身支度を済ませていた。

今は部屋着にパーカーで車に乗る日がほとんど。


最近は、朝が少し寒くなってきた。

ちびくんは毎日、玄関をでると

「はぁ〜」と息を吐き出し、
「ママ、ほら息が白くなってきた」っと
楽しそうに話す。

時間に追われていたあの頃も、
こんな会話を交わしていたのかもしれないけれど、
全く覚えていない私。

子供たちとの会話は増えたけど、
たま〜にまた働きたいなと思ってしまう。
辞めた直後よりは気持ちはだいぶ
落ち着いているけどね。



なにげない日常 / comments(0) / -
スポンサーサイト
- / - / -
Comment